YUKO'S BLUE LOG

yukolog.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:On-Land( 4 )


2008年 02月 28日

Page











人生を一冊の書物に例えるとするならば…

一日一日は、ページという真っ白な空間に、

人それぞれの、その日起こり得た出来事を

文字であったり、色であったり、写真・図形等のビジュアル素材であったり、

様々な素材で、埋め尽くされた創造作品である。





それは…

ある日は、絵日記のようであったり、百科事典のようであったり、攻略本のようであったり、写真集のようであったり、

又はファッション雑誌のようなものかもしれない。

その日を、その24時間をその人が如何に過ごし得たか、

そして、その人の心の中で、どのように消化されたのか、

それが、その日のページに、次々と書き込まれて行く。





それは…

A3大判の大きさであったり、文庫本の大きさであったり、

その日その日によって、サイズは区々ではあるのだけれど

最後は、何故か綺麗に製本されてしまう

そんな不思議な書物である。



















2008年2月2日から2月25日までの“クジラ船開催の24日間”の私のページは…



ある日は、モノクロ写真集であったり…。

ある日は、様々な色で埋め尽くされた絵本であったり…。

ある日は、ある人物のポートレートであったり…。

ある日は、面白くてなかなか終われない漫画本であったり…。

ある日は、難しすぎる哲学書であったり…。



それぞれ違った種類ではあるのだけれど

全ての軸は、「球美の海の素晴らしさ」に満ち溢れていました。



大歓声を高らかに挙げた日もあれば、不安に苛まれる日もありました。

だけれど、今こうしてこの文章を書いていて思える事は、

全て含めて…“自然の素晴らしさ”“球美の海の素晴らしさ”なのだと。



今…24日間のページを捲りながら、

今年の私のクジラシーズンが幕を閉じようとしています。

24ページ全てが輝いています。

どのページも、どのページも、大切な思い出の一ページです。



ご一緒して下さった全ての皆様に…御礼申し上げます。



今年クジラ船に乗船して頂いたゲストの皆様…



初めて乗船して頂いたのに、ザトウの姿を遠くからしか見れなかった方もいらっしゃいました。(ごめんなさいね。)

今年は頭数が少なかったのに加え、天候・海況にあまり恵まれず、辛い日も多々ありました。

でも何時の日か、きっと、ザトウの写真で埋め尽くされた夢のようページを書き込めるはずです。

そんなページを人生の書物に残すためにも、

これからも“球美の海”に足を運んで下さる事を願って止みません。

何時の日か、共に喜びのページを書き上げましょう。



毎年このクジラ船を愉しみにして頂いていて、今年も乗船して下さったゲストの皆様

今年は、例年に比べクジラの数的には、辛さ1/2歓び1/2と言う感じではありましたが、

今年も船上では、数々の愉しいシーンを過ごさせて頂きました。

会話の一つ一つが、笑顔の一つ一つが、行動の一つ一つが鮮明に思い出されます。

皆さんの今年のクジラ船のページは、どんな感じに綴られていますか???

私のページは、どのページもピカピカに輝き、皆さんの笑顔が一杯綴られています。

皆さんのページにも、素敵な物語が綴られていると…嬉しいなぁ。









※せっかく5Dを購入したにも係わらず、相方に独占され(笑)

リアルタイムなUPが出来ず、申し訳ありませんでした。

と、言いますか…日々の乗船で、私自身いっぱいいっぱいでした。汗。

初めてスタッフとして乗船した“クジラ船”

やはり…ゲストの時とは違う感慨も多く、気持ちに余裕がありませんでした。

まだまだですねぇ~。わたし。(結構長い年月生きていますのにっ。汗)

が…日々溜まっていたものも、最終日には思いっ切り吐き出し、

「ゲスト以上に愉しんでいた」と、ご指摘を受けた事は、否めません。失礼致しました。

(そう言えば…最終日、ゲストの皆さんが私の方を見て笑っていた気が、今更ながら致します。自爆です。)

 

5Dを独占していた穴埋めに…

本日の写真は、KAWAMOTO TSUYOSHIさんの5D作品でUPしております。

(っうか…ちょっとは私にも交代して、撮影させろっうねんなぁ。ほんまに、もぉ~っ。笑)







最後に一言(まだ何か言うのか!!!って感じですね。笑。)



今年も、愉しい素敵なページを綴らせて頂いて…心から感謝しています。全ての皆様に……ありがとうございました。

そして、来年も一緒に素敵なページを残せますように……。

[PR]

by yukologbook | 2008-02-28 23:58 | On-Land
2008年 02月 05日

鼓動







こどう【鼓動】

<名・自動サ変>心臓が規則正しくどきどきと脈うつこと。

また、その音の響き。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





一年間、恋焦がれ心焦がれて、夢にまで見た再会の日がやってくる





それはまるで…

永い間、離ればなれに過ごしていた恋人を、

一年振りに、何時もの待ち合わせ場所で、今か今かと待っている時間のように……ドキドキなのです。





久しぶりに逢うその人は、

どんな素敵な笑顔を私に向けてくれるのか……ドキドキなのです。





どんな場所にエスコートしてくれて、

どんな素敵な思い出を私に創ってくれるのか……ドキドキなのです。





この一年で、その人はどのように成長し、

その成長に、私一人だけが置いて行かれてはいないかどうか……ドキドキなのです。





でも………。

私は、私の横に居てくれる貴方の姿を、見つめられるだけで……ただ、それだけで……ドキドキなのです。





私の鼓動の高鳴りが聴こえますか??



私には貴方の鼓動の響きが、はっきりと聴こえます。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







いよいよクジラの季節が始まりました。

今月10日から久米島に入ります。

私の新年は、このクジラ船で始まると言ってもよいほど、この時を待ち侘びていました。





今回は、コメント欄に、出来るだけ“久米島クジラ情報”を書き込みしていこうと思っています。

・数日後に久米島に入られる皆さん……目が離せませんよ。笑。

・今回は久米島に来れないという皆さん……次回は是非!!!と、思って頂ける様、感動をお裾分けしちゃいます。

・全然興味ないと言う皆さん……諦めてください。きっと興味が湧いてしまわれる事でしょう。(ほんまかいなぁ。笑)





興味がある方も無い方も…乞うご期待。楽しみにしていて下さいね。笑。

(誰にも楽しみにして貰えなくても・・・勝手に無理やり押し付けです。爆笑。)





では……いざ―鎌倉。(いざ―久米島…でしたね。笑)
安室奈美恵
[PR]

by yukologbook | 2008-02-05 23:59 | On-Land
2006年 11月 29日

WINTER





もぉ~い~くつ 寝るとぉぉぉ~~~♪



                クぅ~ジぃ~ラぁ~船~~~ん♪






鯨……冬=ザトウクジラ。(これしかなっすよね。あっ。ハンマーもあったな。笑)

三寒四温……私の住んでいる沖縄ではまさしくこれです。(タンクトップはオールシーズン必要なのです。油断大敵やん。汗)

小春日和……小春日和は春の晴れた日ではありません。(なんか、何処かのコマーシャルで聞いたなっ。笑)

冬麗ら……冬の晴れ間のうららかな時間は、幸せそのものですね。(誰もいないビーチで過ごす時間は“無”になれちゃいます。)

歳暮……今年もあと数日。遊びすぎた一年でした。(来年は…頑張るぞっ。ほんまかいなぁ。)

正月……子供の頃の新年はまっさらの下着と衣服で迎えてました。(この頃は、まっさらじゃないやん。あかんやん。)

冬銀河……冬のギンギンに冷えた天空の星は、チョッと物悲しさを覚えます。(こんな私でも…感傷に浸る事もあるのだな。)

冬凪……冬なのに海がおだやかだと…何かが起こりそうで。(何時も以上にハッスルハッスル。)

虎落笛……風が作り出すこの音を聞けば、真夏でもダウン着たくなっちゃいますね。(歳いくと体感が不安定です。笑)

霜……ここ沖縄でも霜がおります。冷蔵庫に…笑。(ほんと寒い日の朝、散歩に行くと植物に水滴付いてます。)

雪だるま……去年年末に大阪に帰った日は吹雪でした。流石にだるまは作っていませんよ。(鼻はやっぱ“にんじん”やんなぁ。)

冬休み……小さい頃は、蟹を食べに家族で城之崎温泉に行くのが恒例でした。(エビ・カニ大好きです。食べるのも撮るのもっ。)

炬燵……そう言えば最近炬燵に入っていません。(今はデロンギで間接暖房。快適ですよっ。これほんと。)

スキー……これまた最近ご無沙汰です。(こう見えて…学生時代は大回転の選手でした。しょぼい記録ですがっ。汗)

マフラー……手編みのマフラー編んだこと…あります。(全てガーター編みですがっ。笑)

クリスマス……今年は何処で過ごすのでしょう。(クリスマスの一人は誕生日の一人より寂しいぞっ。涙)

忘年会……今年は何回あるのでしょう。(肝臓大切にしょう。ねっ。皆さん。ふぅぅぅっ。)

餅つき……元日の朝、つきたてのお餅で頂く雑煮は最高ですね。(因みに我が家は“白味噌”です。)

寄せ鍋……冬と言えば鍋ですなぁ。日本酒が美味い。(辛口の冷酒が好物です。笑)

鍋焼きうどん……受験の夜食。う~ん。懐かしい。(母の愛を思い出します。涙)

おでん……ぜったい“だいこん”。(と~ろとろに鍋の下に沈んだ“だいこん”は誰にも渡しません。笑)

鰤……照り焼きは最高ですなぁ。(大好きで、母の分まで食べてました。ごめんなさい。お母さん。)

ボーナス……今年はありません。(って言うか…貰った事ありません。修行時代、寸志なら。笑)

晦日蕎麦……これを頂かないと年は越せないですね。(やっぱ。ざる蕎麦です。)

ちゃんちゃんこ……これ。着た事ないんです。(これって…普通に皆着てるのかいなぁ。)

湯豆腐……京都の清水寺の近所の湯豆腐屋さんは最高です。(豆腐がふわふわでトロトロなんよ。ジュルッ。)

牡蠣……生が大好き。レモン絞ってジュルッ。(今まであたった事はありません。シンドイらしいですね。)

湯たんぽ……小さい頃、母が布団に入れてくれていました。(冬は母の愛が沢山ですなぁ。涙)

懐炉……こんなもん家にありません。(サンタは何処から来てたんやっ。笑)

年賀状……ここ二年ほど…失礼しています。(多々ある事情で…爆笑)

雪見障子……障子って、大好きなんです。仕事柄なんですが。(桟のデザインで何日も費やしてます。)

皸……子供の時分はよく作ってました。(今は皸なくなった。皮膚が硬くなったのか??汗)

除夜の鐘……四苦(4×9)八苦(8×9)で108。(子供の頃は信じ込んでました。)

寒梅……あの桃色。素敵です。(桜より綺麗だと私は思っています。)

冬桜……沖縄の桜は二月が見所です。(クジラ船の頃の寒桜は梅に近い色合いで大好きです。)

寒椿……椿油はいいそうな。笑(子供の頃、よく母に椿油を塗りたくられたなぁ。ベトベトやん。)

ポインセチア……あああっ。クリスマス。(なぜクリスマスの花なんやろ。何時からなんやろっ。???花屋業界の陰謀か。笑)

水仙……あの真っ白な花びらは心洗われます。(似合わないのよね~っ。汗)

日本酒……これって、季節関係ないですよねぇ。燗にしないで冷で頂きたいで~す。(はいっ。最後はやっぱり“お酒”でした。笑)





お待たせ致しましたぁぁぁぁ。(うふっ。誰も待ってらっしゃらない…これまた失礼致しましたっ。笑)

勝手にシリーズ化させて頂いております“シーズンシリーズ”です。

“夏”“秋”に引き続き、私が“冬”で思い出したモノを思いつくままに挙げてみました。



冬……夏の次に大・大・大好きなシーズン到来です。

海の模様、色、風、匂い等々の全てが漆黒のベールを纏い、幻想の海の世界を私たちに見せてくれます。



そして……私が大・大・大好きで、恋焦がれて止まないザトウクジラとの再会の素敵な素敵な季節なのです。

そして……サバイバルを乗り越えて目にする事が出来る、ハンマーヘッドとの遭遇の季節でもあるのです。



あなたは……冬と言えば、何が大好きですか??



※この“ザトウクジラ”

幻想的な冬の靄に包まれた海の中をまさに“生きている”って、感じでしょ。

(地平線に浮かぶシルエットは…大好きなトンバラと久米島フェリーです)
[PR]

by yukologbook | 2006-11-29 00:08 | On-Land
2006年 10月 18日

じゅんれんか





“じゅんれんか”と聞いて…

“純恋歌”“巡恋歌”のどちらを口ずさみますか??

このブログをよく見て下さっていて、私の事をチョコッとご存知の方たちは…

私が絶対“好きです好きです心から~愛していますよと~”と、歌い出すと思ったでしょう。

むふふふふっ。今回限りは、大大大不正解ですよ。笑。

今の時代、やっぱり湘南の風。

正に“純”って、感じのこの歌詞が大好きな、気持ちだけは若者の最近の私です。(気色悪がらないで~っ)

大好きなフレーズの箇所は…





 ♪今すぐ会いに行くよ 手を繋いで歩こう

  絶対離さない その手ヨボヨボになっても

  白髪の数喧嘩して しわの分だけ幸せ

  二人で感じて生きて行こうぜ



  LOVE SONG もう一人じゃ生きてけねえよ

  側に居て当たり前と思ってたんだ

  LOVE SONG もう悲しませたりしねえよ

  空に向け俺は誓ったんだ

  LOVE SONG ヘタクソな歌で愛を

  バカな男が愛を歌おう

  一生となりで聴いてておくれよ

  LOVE SONG 何度でも何度でも~♪



 



この純恋歌は男性が女性にたいしての恋歌。

女性に生まれたからには、こなん台詞を言われてみたいもんですなぁ。笑。

反対に巡恋歌は、女性が恨みつらみを並べながらも大好きな男性に巡る巡る心の恋歌。







 ♪好きです好きです心から

  愛していますよと

  甘い言葉の裏には一人暮らしの寂しさがあった~



  こんなに好きにさせといて

  勝手に好きになったはないでしょう



  さかうらみするわけじゃないけど

  本当にあなたはひどい人だわ~♪



 

 

ちょっと寂しい恋歌ですね。

やっぱり純恋歌がいいなぁ~。

と、今ただただ思いついたまんまこのコメントを書いてたら

又カラオケ行きたい病がぁぁぁ。発症。笑。

何日か前に歌いまくって、ストレス発散して、ご迷惑かけたばかりなのにぃぃぃ。

いま一つ、発散が足りなかったのであろうか??爆笑。





※ザトウクジラ

来年のクジラ船の予定もほぼ確定し、既に心は“ザトウに純恋歌”な私なのでした。

さぁぁぁっ。二月に向けて、身体絞って鍛えるぞぉ。(ほんまかいなぁ。笑)
[PR]

by yukologbook | 2006-10-18 00:03 | On-Land