2008年 02月 28日

Page











人生を一冊の書物に例えるとするならば…

一日一日は、ページという真っ白な空間に、

人それぞれの、その日起こり得た出来事を

文字であったり、色であったり、写真・図形等のビジュアル素材であったり、

様々な素材で、埋め尽くされた創造作品である。





それは…

ある日は、絵日記のようであったり、百科事典のようであったり、攻略本のようであったり、写真集のようであったり、

又はファッション雑誌のようなものかもしれない。

その日を、その24時間をその人が如何に過ごし得たか、

そして、その人の心の中で、どのように消化されたのか、

それが、その日のページに、次々と書き込まれて行く。





それは…

A3大判の大きさであったり、文庫本の大きさであったり、

その日その日によって、サイズは区々ではあるのだけれど

最後は、何故か綺麗に製本されてしまう

そんな不思議な書物である。



















2008年2月2日から2月25日までの“クジラ船開催の24日間”の私のページは…



ある日は、モノクロ写真集であったり…。

ある日は、様々な色で埋め尽くされた絵本であったり…。

ある日は、ある人物のポートレートであったり…。

ある日は、面白くてなかなか終われない漫画本であったり…。

ある日は、難しすぎる哲学書であったり…。



それぞれ違った種類ではあるのだけれど

全ての軸は、「球美の海の素晴らしさ」に満ち溢れていました。



大歓声を高らかに挙げた日もあれば、不安に苛まれる日もありました。

だけれど、今こうしてこの文章を書いていて思える事は、

全て含めて…“自然の素晴らしさ”“球美の海の素晴らしさ”なのだと。



今…24日間のページを捲りながら、

今年の私のクジラシーズンが幕を閉じようとしています。

24ページ全てが輝いています。

どのページも、どのページも、大切な思い出の一ページです。



ご一緒して下さった全ての皆様に…御礼申し上げます。



今年クジラ船に乗船して頂いたゲストの皆様…



初めて乗船して頂いたのに、ザトウの姿を遠くからしか見れなかった方もいらっしゃいました。(ごめんなさいね。)

今年は頭数が少なかったのに加え、天候・海況にあまり恵まれず、辛い日も多々ありました。

でも何時の日か、きっと、ザトウの写真で埋め尽くされた夢のようページを書き込めるはずです。

そんなページを人生の書物に残すためにも、

これからも“球美の海”に足を運んで下さる事を願って止みません。

何時の日か、共に喜びのページを書き上げましょう。



毎年このクジラ船を愉しみにして頂いていて、今年も乗船して下さったゲストの皆様

今年は、例年に比べクジラの数的には、辛さ1/2歓び1/2と言う感じではありましたが、

今年も船上では、数々の愉しいシーンを過ごさせて頂きました。

会話の一つ一つが、笑顔の一つ一つが、行動の一つ一つが鮮明に思い出されます。

皆さんの今年のクジラ船のページは、どんな感じに綴られていますか???

私のページは、どのページもピカピカに輝き、皆さんの笑顔が一杯綴られています。

皆さんのページにも、素敵な物語が綴られていると…嬉しいなぁ。









※せっかく5Dを購入したにも係わらず、相方に独占され(笑)

リアルタイムなUPが出来ず、申し訳ありませんでした。

と、言いますか…日々の乗船で、私自身いっぱいいっぱいでした。汗。

初めてスタッフとして乗船した“クジラ船”

やはり…ゲストの時とは違う感慨も多く、気持ちに余裕がありませんでした。

まだまだですねぇ~。わたし。(結構長い年月生きていますのにっ。汗)

が…日々溜まっていたものも、最終日には思いっ切り吐き出し、

「ゲスト以上に愉しんでいた」と、ご指摘を受けた事は、否めません。失礼致しました。

(そう言えば…最終日、ゲストの皆さんが私の方を見て笑っていた気が、今更ながら致します。自爆です。)

 

5Dを独占していた穴埋めに…

本日の写真は、KAWAMOTO TSUYOSHIさんの5D作品でUPしております。

(っうか…ちょっとは私にも交代して、撮影させろっうねんなぁ。ほんまに、もぉ~っ。笑)







最後に一言(まだ何か言うのか!!!って感じですね。笑。)



今年も、愉しい素敵なページを綴らせて頂いて…心から感謝しています。全ての皆様に……ありがとうございました。

そして、来年も一緒に素敵なページを残せますように……。

[PR]

by yukologbook | 2008-02-28 23:58 | On-Land


     『ゆうこちゃ~~~ん。あ~そ~... >>